えっ、なんでこんなことで?誰にでも起こりうる誹謗中傷のリスク

SNSの意見は全世界に発信されていることを認識する

現代では、SNSなどを使うことで簡単に自分の意見を全世界に発信することが可能です。その反面、自分の意見に全世界の人間が反論できるリスクを背負うことになります。今の日本では、掲示版など掲示版に所謂晒し行為をされることによって、結果的に現実世界のあなたにも被害が及ぶ可能性があります。それならまだ良い方で、実家の住所などを特定されて、毎日のように脅迫電話などがかけられるようになる可能性だってあります。SNSで被害を受けるのはあなただけではありません。

取り敢えず、発信する前に確認する

近年では政治的コメントやオタクを揶揄するような文をT投稿すると、炎上し、様々な嫌がらせを受けるケースが多々見られます。炎上を回避するためにも、今から自分が発信しようとしている内容は、今自分が本当にそれを誰かに伝えたいのか、本当は発信する必要もないんじゃないか、などと確認することで誹謗中傷のリスクを減らすことができます。火のないところに噂のたたない時代ですが、流石に普段自分の作ったケーキの写真をアップロードしているところに、突然誰かが襲ってくる可能性は限りなく低いです。

被害にあってしまったら

つい感情的になってしまい、例えば芸能人の悪口を発信してしまいました。あなたはその芸能人のファンから突然嵐のような罵声を受けてしまいます。そうなった時はどうするか。ツイッターのアカウントをすぐさま消してください。後を残せば、その痕跡を辿られ、嫌がらせを受ける可能性があります。勿論あなたにも非がありますが、万が一の時はキチンとした対処を冷静に行う必要があります。いかがでしたか。現代ならではの誹謗中傷のリスクを幾つか紹介してみました。SNSは便利な反面、危険も多いツールです。マナーを守って楽しいネットライフを過ごしましょう。

インターネットをする時には誹謗中傷対策が大切です。そうすることで傷つくような体験を回避出来るからです。