勉強になる!トロフィーってどんなものなの?

トロフィーとは何か?

トロフィーとは大会などに参加して優秀な成績をおさめたものにだけ授与されることが許される勝者であることを証明してくれるアイテムです。大会終了時に表彰式が開かれ、参加者の前で賞状と一緒に大会主催者から手渡されることが通例になっています。トロフィーは縦に長い形状をしている特徴があり、勝者になった気分をしっかり盛り上げてくれる効果があります。そのため、トロフィーを手にすることを目的に、大会にのぞむ人も多くいますよね。

トロフィーの目的は?

トロフィーの目的は、勝者に喜んでもらうことはもちろんのこと、会場の目につく場所においておくことで大会の雰囲気を活気づけることもあります。トロフィーが用意されているぐらい、しっかりとした権威ある大会であることを表現することができるのです。そのため、大会磁界がワンライク上の存在であることを位置付けることに役立ってくれるのではないでしょうか。ワンランク上の存在になることができることによって、参加者も主催者も満足度が高まりますよね。

トロフィーの注意点は何か?

トロフィーの注意点は、乱暴に扱うと壊れてしまう危険があることです。風呂フィーには繊細なパーツが取り付けられています。そのため、ちょっとしたことでそのパーツが取れたりかけてしまったりすることが考えられます。トロフィーが壊れてしまわないように、取り扱いにも十分注意したいですよね。そして、最適な状態でトロフィーが勝者の手に渡ることが理想的なのではないでしょうか。最適な状態で勝者の手に渡れば、大会自体をきっちり締めくくることができます。

スポーツなどの競技で優勝するとトロフィーを受賞するイメージがありますが、その起源には戦争などで敵から奪った鎧や盾などを飾る習慣からきています。

用途に応じたパソコンの選び方3つの基本知識

ゲームがやりたい、何が必要

まずゲームがやりたい方、MACはあんまり種類がない為選択肢がかなり限られますよ。よってWindows機のチョイスになります。家庭用機と違い一律に同じ性能でないパソコンは、パッケージの裏に動作環境・必須環境という形で記載されています。その下あたりにもう一つ推奨環境という項目がある事でしょう。動作環境・必須環境は必要最小限の事で「とりあえず動く」という意味で快適さには程遠いのです。その為推奨環境に一致するまたはそれ以上の性能を持たないパソコンは、まともに動く事すらままならないでしょう。CPUはインテルであればi7→i5→i3→ペンティアム→セレロン→ATOMの順に左に行けば行くほど性能が上がるのです。この中で余程性能を要求されるソフトでなければ大体i5くらいのCPUがあればサクサク動いてくれるでしょう。次にグラフィックは内臓グラフィックとATI、もしくはnVideaのグラフィックカードの2種類に分かれます。大体のゲームは後者のグラフィックカードを要求するものがほとんどで、これらを搭載を前提としている点でしょう。この2点を踏まえて選べばゲーム用で必要な点は大体固まってくると思います。

仕事で使いたい、何が必要

仕事、とりわけ文書や計算、会社資料作成等に使われる方は前述のゲーム用パソコンほど性能を必要としません。CPUはi3程で基本スペック+お好みでメモリを少し増設しておくと動作としてはより快適になるでしょう。後は使用するモニタをなるべく大きい物にすると、表示領域が上がり快適に使用する事ができます。そして仕事で使う上でより効率を上げたい方はモニタの多面化がお勧めですよ。多面化とは複数のモニタで一つのデスクトップを形成する事で、一つのモニタにはない幅広い使い方が可能です。CAD図面やグラフィック、グラフの比較、デイトレーダーの株価閲覧といくら画面があっても足りない方や画像関係のお仕事の方にお勧めいたします。

要求に一致するパソコンがない、どうすればいい

さてゲームと仕事用にパソコンの必要な点を紹介してきましたがこれらを踏まえても選べるパソコンがない、という方がいらっしゃるかもしれません。3D画像関係のお仕事ですと前述の多面化モニタに加えて、効率よく加工する性能が要求され結果メーカー品のカタログには無い事態もあります。そういう場合にお勧めなのがワークステーションや自作パソコンでしょう。ワークステーションだとパソコンではないではないかと思われる方もいるかもしれませんが、昔と違い近年はハイエンドパソコン+αの扱いとなっています。そして3D画像やCAD関係のお仕事ではメーカー品のパソコンでは性能不足なのが実情なのです。デルやHPといった老舗は数多くのモデルを用意していますし自作程ではないですが構成の変更も可能ですよ。ワークステーションはわかるが自作パソコンは組み立てられないよと思ったあなた、最近はパーツを見積もって発注するとその構成で組み立てて出荷してくれるところがほとんどですよ、保証もあるので安心してください。その為よりよい性能のワークステーションやパーツを自由に選択できる自作パソコンをお勧めしています。

パソコンのセキュリティは非常に重要で、アンチウイルスソフトなどを導入していない場合は、個人情報流出などの恐れがあります。

パソコンの故障対策と、故障した時のオススメの対応方法とは?

パソコンの大切なデータを保護するための対策

一般的なパソコンの場合は、HDDやフラッシュメモリーと言った記憶装置にデータを保存していますが、それらの記憶装置が故障してしまったりパソコンが故障してしまうとその読み出しができなくなることもあります。なので、パソコンを使っている方は故障をしても大切なデータだけでは復旧できるように耐策をすることが大切ですよね。そして、その為の一番の予防策はバックアップを取っておくことです。別の記憶装置に大切なデータをコピーしておくだけで、トラブル時には本当に役立ってくれますよ。

ソフトウェア的なトラブル対策は復元ポイントを作成

またハードウェア的なデータの紛失は、データのバックアップによって耐策をすることが出来ますが、ソフトウェア的な故障やトラブルの場合はバックアップを取っていたとしても、使っているパソコンが使えなくなってしまえばその読み出しが出来なくなることもあります。と、そんな時には復元ポイントを作成しておくと、パソコンのソフトウェア的なトラブルに備えることが出来ますよ。復元ポイントを作っておけば、正常に動作していた状態に戻せます。

何をやってもお手上げの時は

また、以上のような方法をやっても、お手上げという時にはパソコンの修理業者に頼る方法も便利です。バックアップを取っていなかったとしても、業者に任せれば壊れてしまったHDDなどからデータだけを読みだしてもらうことも出来ますし、ソフトウェア的に動かなくなってしまったパソコンもプロが修理してくれます。なので、大切なデータが入っているパソコンが故障した場合で、何をやっても全くダメな時には専門の業者に頼ってみるのも良い方法ですよ。

パソコンの修理とは、パソコンがソフトウェア的、またはハードウェア的にトラブルを起こして正常に動作することが出来なくなった際、正常に動作できる状態に戻すためにトラブルの原因に対処を行うことをいいます。